×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


その他のDIYD

    
   ゴム銃(10連発)

     このHP二リンクしていただいているtomさんのページで紹介されていたサイトをお手本に
     10連発のゴム銃を作ってみました
     詳しくは、↓をご覧下さい。
       
       こちらでは、単発及び10連発ゴム銃の作り方を図を交えてやさしく解説されています
まずは解説を元に、HCで必要な材料を調達
9*15*910と9*9*910の角材を各1本と5ミリ程度の板材を必要量、それに1ミリ圧程度のプラスチック板若干と言ったところ
私の場合、2種類の角材のみを調達し、板材は在庫のベニヤ、MDF等を使用。
写真は、9*15角の部材にゴムを引っかける部分を彫りこんでいます。
本当なら、糸のこ盤があれば簡単なのですが、現在故障中のため、ご覧のように鋸で縦に切れ目を入れ、カッターナイフで斜めに欠きこむこととしました。
そして出来たのがこれ。
10個の輪ゴムがかけられるように、欠き込みも10ヶ所
これと同じような加工が後1ヶ所
その他は、そんなに大変な加工はありません。
詳しい解説は、上記リンクでご覧頂くとして、いきなり2丁完成です。
ボンドの硬化時間が必要なため、半日は必要です。

材料調達で、工作材のコーナーには10ミリ角しか無く、9ミリ角を探すのに手惑いましたが、10ミリ角でも何とかなります。
作者さんは、9ミリ角の方が入手が容易だろうとのことで、設計されているようですが、最近は3分とかの厚みではなく、10ミリが多いようですね。
そしてこれは、上記の完成品にオイルステインで着色してみました。

本当はパーツの段階で、着色すればいいのでしょうが、何せ行き当たりばったりなもので・・・
ついでにこれは・・・。

約10年くらい前に上の息子のために作った割り箸製のゴム銃です。
今回作った物にくらぺると・・・って、比べる前の段階ですね。
ただ、約10年も原形に近い姿で、残っていただけで・・・。



   駐輪レールの取り付け
今までご覧のインターロッキングの上に、家族4人分の自転車を雑然と並べていました。

しかし、息子たちが雑に止めるととってもじゃま・・・。

と言うことで駐輪場のようなタイヤレールを取り付けてみました。

写真はすでに取り付け終わった状態です・・・簡単作業なもので、特に制作過程は撮影してません。
レールの材料は、内装用の軽量C型鋼・・・ビルや店舗の内装の時などに、下地として使う0.4ミリ厚の物を使いました。・・・4mで200円です・・・安い!!

そのレールを500mmに高速カッターで切断し、切断部分をヤスリ掛けし、水抜き穴を各3ヶ開けた物にエポキシのさび止め塗料を塗りました・・・メッキ仕上げになっているので、塗料の乗りも悪く、気休め程度です。

ペイントが乾いたら、自転車を並べてみて、ほどよい場所にマーキング・・・コンクリートドリルでインターロッキングに取り付け穴を開け、プラグを差し込んでネジ止め・・・これで完成です。
そしてこれが全体像・・・このスペースに26インチのママチャリが4台きれいに収まりました・・・写真は、一番手前の次男の自転車が無い状態です。

本来は、本物の駐輪場のように段違いにして並べればもっと多く駐輪できるはずですが、これ以上家族が増える予定もありませんので・・・。

材料が揃えば、半日程度の簡単作業です。

  
トップへ
戻る