×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


その他のDIYH

    
   鍔止めの制作

剣道をやっている次男のために、鍔止めを作ってみました・・・と言うのも、ネットで購入した「究極鍔止め」なるものが、あまりに簡単な作りで、直ぐに出来そうだったため。

先ずは、購入したものと同じく、3ミリ厚のゴムシートをご覧のように切り抜きます。
外径が70ミリ、内径が18ミリです。
切り抜きに使用したのは、OLFAのサークルカッター。

切り抜きの際は、外周から切り抜かないと、センターを取れなくなりますので、くれぐれも、大きい円から切り抜くようにしてください。
切り抜いたゴムシートに、外周部の保護と飾りのために、薄手の革を縫いつけて・・・完成です。
革じゃなくても、布地でも合皮でも問題有りません。

縫いつける際は、予め瞬間接着剤で仮止めしておくときれいに仕上がります。
写真左側がネットで購入したもの。

自分で作った物の方が高級に見えてしまいます。
飾りの革は、ストック品を使いましたから、材料費はゴムシート代だけ・・・10センチ幅で1メートルのものが375円でしたから、30円くらいですかね。

完成までの所要時間は、30分くらいでした。
あまりにも簡単なので、調子に乗って色々な種類を作ってみました。

上の白いものは、椅子の表面などに張られている合皮、左下のものは、剣道防具修理用の紺色の鹿革、そして右下のものは、小手の修理用に買ったものの、出番がなかった革の端切れ。

まっ、剣道関係者以外興味ないですよね。
4月4・5の土日

作る物がないので、またまた調子に乗っていっぱい作りました。
前回のものは、1年生3人にプレゼントしたので、今回は2年生の分8個作りました・・・この後3個追加で合計11個。
大分慣れてきたので、1個あたり15分くらいですかね。


    駐輪場の掃除  
4月4・5の土日

上の鍔止め作りに続いて、時間つぶしに・・・。

この写真は、6年前に自転車置き場を新たに作ったばかりの頃の状態。
まだ汚れもなくきれいですね。
そしてこれが今現在までの汚れがたまった状態。

いつもはこの場所に、26インチの自転車が4台止めてあるのですが、嫁さん・子供は遊びに行ってしまったため、自分の自転車を移動させて、久々に掃除することに。

掃除と言っても、デッキブラシでゴシゴシするわけではなく、文明の利器を使用しました。
使用したのは、そう、高圧洗浄機ケルヒャー君

見る見る汚れが落ちてご覧の状態になるのは良いのですが、冬場はとても使う気にはなれませんね。

この後、水圧で抉れてしまった目地に、まさ王なる固まる砂を入れ、水を撒いて出来上がり。

ちょくちょくやれば、そんなに汚れることがないのも分かってるんですがね。

トップへ
戻る